icon 葬儀の流れ

ご葬儀後

葬儀の流れ

後飾り 49日間のお祀り 中陰法要の忌日は亡くなった日から数えて7日毎で7回行います。7日毎の法要については、お寺様とご相談下さい。四十九日法要が終わって忌明け(満中陰)となりますが三十五日で忌明けとする場合もあります。《忌日には故人の供養対幅を願って簡素であっても心のこもったお祀りをしましょう。》 納骨 納骨 忌明のあとは出来るだけ早く仏壇・お墓を用意します。納骨は、お寺様と相談の上、日時を決定すると良いでしょう。《お仏壇・墓石のご購入時の際は、当社にご相談下さい。》 ……
詳細を見る

初七日法要(精進落とし)

葬儀の流れ

初七日法要 初七日法要 お六日、還骨法要の場合もあります。火葬場からお帰りになった当日にあげるご法要です。本来は1週間後に行う初七日法要ですが、喪家の都合やご親戚様の負担を考え、葬儀当日に行うことが多くなっています。 仕上げ膳(精進落とし) 仕上げ膳 僧侶やお手伝いの方々へ感謝と、故人を偲んでのお食事会といった意味合いです。《お寺様は初七日後、すぐ帰られる方もいらっしゃいますので、最近ではお膳料としてご準備されています。》お手伝いの方々への振る舞いは地域差もありますが、鳴門市では同席されない場合がほとんどですので葬儀後にお弁当をお渡ししています。 ……
詳細を見る

葬儀・告別式

葬儀の流れ

葬儀・告別式 葬儀・告別式 「葬儀」はご遺族・ご親族、親交のあった方々が故人の冥福を祈る儀式であり「告別式」は一般の縁者が故人との永別を惜しむための儀式です。一般的には「葬儀」と「告別式」を併せて行います。「葬儀」「告別式」の進行は、宗教・宗派または地域によって異なりますので、当社の係員が進行させて頂きます。安心してお任せ下さい。 出棺 挨拶~出棺 喪主はご出棺に際し、遺族・親族を代表し、会葬にお越し頂いた方々にお礼の挨拶をします。ご挨拶の中では次の三点に触れると良いでしょう。 会葬に対するお礼故人生前中の厚情に対する感謝遺族に対して変わり……
詳細を見る

通夜・葬儀の準備

葬儀の流れ

納棺 旅立ちの準備 経帷子、手甲、脚絆などで故人様のお役立ちの準備をします。(浄土真宗などの一部の宗派は不要)《ご納棺の際に故人が生前愛用されていた遺品などを納める場合は副葬品規定をご確認の上、ご準備下さい。》 死化粧(美粧・化粧) ご納棺の前に故人様にお化粧をさせていただくこともできます。お顔にお化粧をなさることは亡くなった方に対する遺族のせめてもの心づくしと言えます。 通夜 通夜 式場内の着席順は、祭壇に近い所から喪主、遺族、親族、慰問者となります。 読経中に喪主より「末期の水」をあげ、焼香します(一例)読経の後、法話がある場合があ……
詳細を見る

ご臨終を告げられたら

葬儀の流れ

ご臨終 病院でお亡くなりになったとき 死亡確認後、死亡診断書を受け取ります。処理後、寝台車にてご自宅または式場へ搬送いたします。その際、病院名・お名前等をお知らせ下さい。《浴衣・着物の準備》 ご自宅でお亡くなりになったとき 通いの医師に来ていただき、死亡診断書を受け取ります。 ご遺体の移送・ご安置 ご遺体の移送 桶幸ウチダ造化にご連絡ください。寝台車にてご指定の場所にお迎えにあがります。 ご遺体の安置 ご指定の場所へ到着後、寝具にご安置させて頂きます。※この時点では「北枕」にせず、枕飾りも不要(地域の風習)《浴衣着物の準備》 ……
詳細を見る